フットサルシューズの選び方

あなたの足にジャストフィットのフットサルシューズを手に入れることはフットサルゲームで勝つための最初にして最大のポイントだと思います。決して人の靴借りてプレーしないでくださいね。

サイトトップ > 波底と呼ばれる薄いゴムのソールがお勧め

スポンサードリンク

フットサルシューズの選び方

波底と呼ばれる薄いゴムのソールがお勧め


屋内でプレーをする場合、足裏の感覚を最優先して、薄いゴムのソールのフットサルシューズを選ぶ人が多いようです。いわゆるパターンも独特で波底パターンのグリップで、素足に近い感覚です。体育館施設などもこれを歓迎してくれます。クッション性を優先した柔らかい素材のインドアソールというものもありますが、足裏感覚は鈍くなります。

体育館などの屋内、特にウレタン床などの緩衝効果の高い床でプレーするのが前提ならばフットサルシューズには薄いゴムのソールがお勧めです。足裏感覚がはっきり伝わってくるのでプレーのしやすさは格別です。ただし、ゴムといえどもソールが厚めのフットサルシューズの方が足への負担は小さいのでその辺は無理しないでください。

フットサルコートの理想である屋内のウレタンコートでプレーする目的であれば、できるだけ薄いゴムのソールを選ぶことをお勧めします。薄ければ薄いほど、フットサルで大切な足裏の感覚がソールからビビッドに伝わりますし、ここ一番の踏み切りも薄いゴムソール、吸い付くようなフラットなパターンならではのものがあります。クッションのない硬いコンクリートなどであればインドア用のゴムの厚みのある普通のパターンのソールにしてください。足を痛めては元も子もありませんから。

フットサルコートの公式戦は体育館の中で、しかもクッションの効いた床素材で行われることが多いのですが、この場合、フットサルシューズのソールは平底、あるいは波底といわれる薄いゴムの素材が有利です。足裏の感覚が素足のように伝わりますからボールコントロールは抜群になります。ただ、クッションがない分、足を痛めることもあり、フットサルで何を優先するかはよく考えて選ぶ必要があります。

あなたが十分にお金持ちで、体育館でフットサルをプレーするのが主体であれば、そしてコンクリートの床ではないのであれば、波底と呼ばれる薄いゴムのソールがお勧めです。ボールや相手の足(笑)を扱うときの足裏の感覚でこれに勝るものは・・・素足しかありません(笑)。普通の体育館用のシューズもあります、こちらはフットサルで大切な足裏の感覚は鈍るのですが、足への負担は少ないのでトレーニングのときなどはいいでしょう。

体育館でフットサルをプレーするのが主体であれば、波底と呼ばれる薄いゴムのソールがお勧めです。ボールを扱うときの足裏の感覚でこれに勝るものといえば素足にペインティングしたフットサルシューズしかありません(笑)。もちろんフットサルシューズには普通の体育館用のシューズもあります、こちらは感覚は鈍るのですが、足への負担は少ないのでトレーニングのときなどはいいでしょう。


フットサルシューズの選び方